防犯カメラを店舗に設置して満足した結果・・・いざという時に見れない

最終更新: 2019年7月29日


こんちには、ミレテル編集部です。

現在至る所に設置されている防犯カメラ。

その数なんと500万台(出典:Wikipediaより)


しかし、設置してからほとんど利用していない方も多いのではないでしょうか。


そこで、今回は設置後の運用で起こりえるトラブルについてフォーカスを絞って記事を作成します。




トラブル① 防犯カメラを見ようとしたら、見れない問題

『防犯カメラをいざ見ようとしたら、事後検証が全くできない状態になっていた』

これは、本当によく聞くトラブルです。何故このような事が起こってしまうのか?

箇条書きであるあるポイントを記載します。


原因①コンセントが抜けていて録画が止まっていた

原因②経年劣化でHDDが故障していた

原因③ログインパスワードを忘れて操作できない

原因④カメラが故障しているのに気づかなかった





これらの理由が非常に多いと思います。特に小売業のように店舗にカメラを設置している場合は、限られたスペースにカメラを設置している為、なんとか防犯機器を設置している。そのような店舗が多いのも事実です。

その結果、電源が抜けてしまって気づかなかったり。。。『そんな事あるの?』的な事象が、本当によくあります。

万が一の為に設置した防犯カメラにも関わらず、事後検証が全くできません。

これであればダミーカメラと変わらないと思われたお客様も多いのではないでしょうか。




トラブル② 操作方法がとにかくわかりづらい問題

防犯カメラの利用目的が防犯のみで運用されている場合、防犯機器を操作する機会は、年に1~2回程度かと思います。その結果、操作方法を熟知する前に忘れてしまう上、録画機(レコーダー)がとにかく操作しづらいという問題点が挙げられます。



私たちは、既に携帯アプリのような直観的な操作に慣れすぎてしまっているせいか、レコーダーのようなハードを操作するUI(管理画面)がとにかく直観的でない事に苛立ちすら覚えます。

レコーダーの機種によっては、ボタンが複数項目の役割を兼務している為、ある時はENTERボタンの役割を、またある時は、再生ボタンの役割を・・・ん? んんん?


操作が難しすぎる。これじゃ使いづら過ぎる!!!

と思われたお客様も多いのではないでしょうか。


トラブル③ 相談したいのに、たらいまわしにされる問題

せっかく導入した機器の相談をしたいのに、コールセンターに問合せしても、相当待たされた挙句、『その件に関しては、こちらの番号をご紹介致します』といわれた時のショック。。。もう、諦めたくなります。





問題を解決するには?

このような問題を解決するには、どのように運用すれば良いのか?日々、本業に従事されている皆様のストレスフリーを軽減する為に、

『もちは餅屋!』

是非ミレテルをご活用下さい☆


ミレテルは、お客様に寄り添った対応を心がけております。

お客様の見れるをサポート致します。既存の機器でお困りごとがある際は、是非ミレテルにご相談下さい。


※欲を言えば、リニューアルの際はミレテルをご利用頂ければ嬉しいです

(/・ω・)/


以上、ミレテル編集部でした。



#防犯カメラトラブル #いざという時に見れない #防犯カメラみれない #防犯カメラ店舗



©2019  by . Proudly created with mireteru,Inc.